○車イスについて


車いすには自走式と介助式とがあります。
自走式の中には手動式と電動式があり、高齢者では、自走式の標準型車いすといわれているものが多く使われていますが、最近では、介護保険に対応しているのでモジュラー車いすも多く使われるようになりました。

標準型車いす・スリングシート(布ばりの座面と背もたれ)は、簡単に折りたためるので、外出時に車に乗せたり、使用しない時にはしまっておくのに便利です。ただし、背もたれも座面も座るとたわんで、身体を正しく保持しにくいので、短時間での利用が理想的です。しかし、座面のたわみは、車いす専用のクッションなどを使用することで軽減することができます。

モジュラー車いすは、座面の高さや幅、アームレストの高さの調節など利用者に合わせて調整できるタイプです。利用者の姿勢や移乗等の配慮がなされている ので、長時間利用するのに適します。